お墓を建てる時の費用

霊園墓地はとても高価な買い物で、一度購入した後、変更をすることは容易ではありません。後悔しない賢いお墓づくりをする為には、しっかりとした知識が必要になります。
お墓の費用
新しくお墓を建てる時に必要なのは「永代使用料」、「墓石代」と「工事費」、そして「管理料」です。

永代使用料

永代使用料とは、お墓を設置する土地を使用する権利の事です。お墓の使用権を得るために、寺院や霊園運営主体などその墓地の所有者に支払います。土地の購入ではないので、転売をすることはできません。そしてこれはお墓を購入する時にだけ発生する費用です。一度権利を取得すれば、代々お墓を受け継ぐことが可能になります。ただ年間の管理料をきちんと納めていないと、警告を受けます。そしてお墓を継ぐ人がいなくなった場合も、権利は消滅することになります。

墓石代、工事費

これらは石材店に支払います。墓石代は石材の質によって値段が大きく異なります。石の値段は高度や吸水率、産地や、その希少価値などさまざまな要素で値段が決まります。使う石の量が大きいと値段は割増しになります。工事費は、墓石の加工費用や墓石の墓地への設置費用のことです。曲線が多いデザインは加工する手間がかかるので加工費が高くなります。

管理料

管理料は墓所の維持の為に必要な費用で、霊園墓所の管理者に支払います。この費用で参道の整備や水回りのメンテナンスなど共有部の維持管理が行われます。管理料の価格は霊園によって異なりますが、多くの場合、年間で数千円から1万円程度です。

関連する記事