霊園とは

人が亡くなるとお墓に埋葬します。そのお墓を建てる場所が霊園・墓所になります。現在、亡くなった方のご遺骨は、個人所有の土地であっても霊園、墓所以外での埋葬が許されていません。
その為にお墓をどのようにするかと考える前にまずはどんな霊園・墓所にするかを考える必要があります。

霊園を知っていこう

霊園・墓地は経営主体によって大きく3種類に分けることが出来ます。寺院が経営している寺院霊園、財団法人や宗教法人が運営を民間企業に委託している民間霊園、そして地方自治体が運営する公営霊園があります。霊園の種類が違うとその歴史や成り立ち、そして運営方法は大きく違います。ですからこれら3種類の霊園・墓所の違いをきちんと把握し、自分や家族に最適の霊園を見つける必要があります。墓地は購入した後に簡単に別の場所に移すという事が出来ません。
そして霊園と墓地の違いですが。「霊園」とは広い土地に公園のように作られた共同墓地とされています。法律による規定では、墓地としての機能だけではなく、緑の中を散策したり休憩所などのレクリエーション機能を持つとされています。近年はこの霊園タイプの共同墓地が多く造成されています。そしてもう一つの特徴として、交通の便を考慮されていることが多いです。

まとめ

最近ではメモリアルパーク等の名称の霊園もありますが、これは墓地に対する暗いイメージをなくし、明るいイメージへと転換を図る為に考えられた名称です。墓参者に優しい霊園・墓所が増えたのは嬉しい事ですね。

関連する記事