寺院墓地の長所と短所

寺院墓地と名前の通り、寺院境内にある墓地の事で、境内墓地とも呼ばれます。日本ではほぼすべて仏教系の寺院によって運営されています。全国に約9万箇所の霊園・墓所がありますがその65%が寺院墓地と言われています。中には境内から離れた場所に飛び地として墓地が設置されている事もあります。
寺院墓地はそのお寺の宗教活動の一部になります。ですからお墓を所有するためには、そのお寺の檀家になる必要があります。そして宗旨・宗派は寺院の教義に従います。

寺院墓地のメリット

  • 寺院の檀家になる事で、お寺との関係が密接になり手厚くお祀りすることができる。
  • 法事の際に、本堂・会館・和室などが使用できる
  • 寺院の運営なので永続性がある
  • 信仰している宗教なので安心感がある
  • 地域密着型の寺院墓地が多いため、比較的自宅から近い場所にある

寺院墓地のデメリット

  • 信仰している宗旨・宗派でない場合、宗旨を変更する可能性もある
  • 全体の調和を保つために、お墓のデザインに制約がある場合がある
  • 人間的な付き合いがあり、きめ細かい供養が出来る分、住職との相性が大事になる
  • バリアーフリーでない墓地が多い
  • 区画の選択肢が少ない

寺院墓地の永代使用料は、だいたい地価と比例します。ですが、寺院の格や住職の考え方によって価格に差が出ます。1区画数十万円から数百万円と幅があります。
そして寺院墓地に墓を建て檀家になるという事は、お墓を売るお店と買うお客の関係ではありません。ですから檀家としてしっかりと役目を果たし、お寺を守っていくということを忘れない様にしなくてはいけません。

関連する記事